関根 泰 教授

お問い合わせ先

  • 〒169-8555 東京都新宿区大久保3-4-1 早稲田大学西早稲田キャンパス(地図はこちら
  • E-mail:ysekine@waseda.jp

lab_sekine_01

研究内容

非在来型触媒反応と水素製造・天然ガス転換

エネルギー・資源・環境問題のソリューションのために、触媒を軸足に据えた反応・プロセスを研究している。触媒化学を中心に、物理化学・固体アイオニクス・エネルギー反応工学・放電化学・放射光化学に関わる研究を展開している。とりわけ、水素/合成ガス製造のための非在来型触媒システム開発、炭化水素転換のための触媒開発、常温常圧で作動する電子励起触媒プロセス開発などに力点をおいて研究を進めている。

1. 水素/合成ガス製造のための非在来型触媒システム開発

在来・非在来型化石資源や、バイオマスなどからの水素/合成ガス製造のための触媒開発を行っている。触媒としての担持金属の構造の高度な制御とSPring-8などでの微細構造解析、触媒担体としての酸化還元を生かした高機能化、速度論的・分光学的解析による機能解明を組み合わせ、新たなる高機能水素/合成ガス触媒開発を進めている。

2. 炭化水素転換のための触媒開発

メタンをはじめとする炭化水素の有効活用のための触媒開発を行っている。安価な炭化水素資源や品位の低いバイオマスなどの資源から、高品位で付加価値の高い化合物を一段で作り出すための研究を行っている(上図参照)。

3. 常温常圧で作動する電子励起触媒プロセス

電場中での触媒反応や、プラズマ場中での触媒反応など、電子の力を生かした触媒反応の低温化について検討を進めている(下図参照)。これらを用いて、水素製造や天然ガス転換、環境浄化などに役立つ低温作動触媒プロセスづくりを進めている。
lab_sekine_03

詳しくは、ここをクリック!
http://www.f.waseda.jp/ysekine/

略歴

  • 1993年 東京大学 工学部 合成化学科 卒業、1998年 東京大学 大学院 工学系研究科 応用化学専攻 博士課程修了・博士(工学)
  • 1998-2001年 東京大学 大学院工学系研究科 応用化学専攻 助手、2001- 早稲田大学理工学術院 助手・講師・准教授を経て、2012年より同教授、2011年- JSTフェロー(兼任)
  • 1999年度 経産省・クリーンジャパンセンター本多賞、2005年度 石油学会奨励賞、2007年度 触媒学会奨励賞、2009年度 FSRJ研究進歩賞、2010年度 日本エネルギー学会 進歩賞(学術部門)

知識としての化学だけでは終わらない。
使える化学を学んで、鍛え上げられた人材に。