“役立つ” 化学

知識としての化学だけでは終わらない。 1917年に創設してから常に未来を意識した研究で 世界をリードする多くの研究成果を生み出してきました。 応用化学科だからできることがあります。

  • 2018-01

    山口潤一郎准教授が日本化学会第42回化学教育賞を受賞することが決定しました
    受賞者一覧はこちら

  • 2017-12

    上手 裕紀子さん(関根研究室 M2)が水素エネルギー協会第37回大会にて学生優秀発表賞を受賞しました

  • 2017-12

    武藤助教(山口研究室)が第34回井上研究奨励賞を受賞しました
    12月12日に武藤助教が公益財団法人井上科学振興財団による井上研究奨励賞を受賞することが発表されました。贈呈式は2018年2月2日、都内にて開催される予定です。

  • 2017-12

    応用化学科創立100周年記念事業の内容をホームページに掲載しました
    詳細はこちら。右の100周年記念ロゴからも確認することができます。

  • 2017-12

    鷺池 遥さん(松方研究室・修士2年)が日本ゼオライト学会第33回ゼオライト研究発表会にて若手優秀講演賞を受賞しました

過去のニュースを見る >
全ての講演会情報を見る >

知識としての化学だけでは終わらない。
使える化学を学んで、鍛え上げられた人材に。