在校生の声

上宇宿雄哉(滋賀県立守山高等学校)(一般受験)

化学でしたらどの分野にも進めますし、多くの先輩方の話をきき、将来の職業について考えることができます

早稲田大学は、入学当初は僕も含めて様々な方言が飛び交っており、全国各地から学生が集まってきているのだなと感じました。

須藤絢音 2年生(栃木県立宇都宮女子高校)(一般受験)

いろいろな化学にふれ、夢中になれる分野との出会いが訪れることが楽しみです

私が早稲田大学の応用化学科を選んだ理由は、学問の方向性が多岐にわたり、将来の選択肢が一番広いと感じたためです。また立地の良さもポイントでした。

大住華子 2年生(広島県広島大学附属高校)(一般受験)

「化学系だったら製薬の方にも進めるよ」という言葉がきっかけで、応用化学科を選びました

私は元々数学や理科が好きだったので、ずっと以前から理系に進もうと思っていました。そのなかでも、特に薬の研究や製造に興味がありました。

大森裕貴(早稲田大学本庄高等学院)(附属高校)

応用化学科は、将来の選択肢が広い学科だということを改めて思います

将来は、自動車関連のエンジニアになりたいと考えています。小さな頃から車好きな父を見てきてサーキットに一緒に行ったりもして、自分も車に興味を持ち、中学の頃から早稲田の理工に入ることを考えていました。

応用化学科2年 野口詩織(佐賀県東明館高等学校出身)

いろんな化学を学んだ後に視野の広いところから薬に使える技術等があるのではないかと思い、応用化学科を選びました。

学生の時に、皮膚が荒れてしまったことがあり、皮膚科に行って治してもらいました。皮膚は、最初の印象を決める大事なものだと思っています。特に女性は、それによって、心も行動も変わってくると思います。

柳田佳保里(山口県立下関西高校出身)

先輩の話をたくさん聞いて、しっかり勉強をして、将来に備えたいと思っています。人の役に立つ仕事につけたら幸せだろうな…

高校に入学した時は、国立大学を受験するか、指定校推薦を狙うか悩んでいました。でも、3年生の受験期になって、早稲田大学の指定校推薦がきていたので、指定校推薦を受けることに決めました。

角谷崇紘(三重県立伊勢高校)

基礎から幅広く勉強できるということもわかっていましたし、将来の選択肢も広いというところも進学を決めた理由の一つです

元々は、国立の高校に行こうと考えていました。後に指定高校に早稲田の応用化学科への推薦があることを知り、憧れていた早稲田大学の推薦があるならと思い、指定校への入学を決めました。

吉岡育哲(早稲田大学高等学院)

附属校出身の僕たちは、実験が断然得意!早い!です。

附属高校では、大学受験時期にも、ゆったり過ごせて、それが良いとか悪いとかの意見が色々聞こえてはきましたが、自分としてはかなり良かったと思っています。 文系・理系の選択は2年生の時に決めればいいんです。大学進学時も、僕は、ぎりぎりまで物理系か、化学系かで迷っていたんですが、高校に早稲田大学応用化学科出身の先生がいて、大学進学後の就職に関することなど、直接話を聞くことができました。それで、応用化学科に決めることができました。

先進理工学部応用化学科2年・柏木由紀(山梨県立吉田高等学校出身)

いろいろな範囲が応用化学科には含まれていることから、応用化学科を選びました

高校の時から有機化学はすごく好きでした。高校の有機化学は反応の機構を覚えるだけでした。もっと詳しく、理論的に学びたいと思い、理系の大学を探そうと思いました。早稲田大学は自分の志望校の中でもレベルが高く、目指していた大学でした。あと、東京に出たいという気持ちがありました。

先進理工学部応用化学科2年・稲森裕也(愛知県立千種高等学校出身)

応用化学科に入って感じたことは、色々な視点で勉強をする事ができるというこ とです

高校まで国際教養科だったので実験自体が無くて、最初は茫然と理系がいいなと思っていました。最初は医学系に進みたくて、医学部保健学科に進む事でリハビリをする人達の役に立ち、そういった方法で医療化に携わろうと思っていました。

先進理工学部応用化学科2年・井上なつみ(早稲田実業学校出身)

人々の生活に直接役に立てるような職業に就きたいと思ったので、早稲田大学の応用化学科に通おうと思いました

化学は人の日常生活や身近に直接的に役立つ事が出来ると思います。早稲田大学の応用化学科で学んだことを活かして人々の生活に直接役に立てるような職業に就きたいと思ったので、早稲田応用化学科に通おうと思いました。

先進理工学部応用化学科2年 岩崎莉沙(福岡県 西南学院高校出身)

テレビに出るような、凄いレベルの人たちに実際に触れ合えるっていうのは、この学科ならではだと思います。

私は、指定校推薦だったんですけど、化学の先生が好きで、化学が好きになりました。年配の先生だったんですが、授業がすごく面白くて、高校化学だけじゃなく、化学がどう使われているだとかを具体的な例で教えてくださいました。

学部2年 清川大地(北海道札幌東高等学校出身)

応用化学科はOBと触れ合う時間をいっぱい作ってくれて、先輩の話を聞ける機会が多いんです。

東京に来てから2年目です。早稲田大学の生徒はみんな違ってみんな良いみたいな感じです。最初は名前じゃなくて「北海道」って呼ばれていました。

学部2年 石本紗央理(福井県立武生高校出身)

実験が多いということを知って、早稲田の応用化学科が良いと思いました。

早稲田大学、応用化学は、授業内容が他の大学より早いと思います。その分勉強するのが大変です。大学って、入った後はもう少し楽かと思っていましたが、高校受験の時の延長という感じです。1年生の時には、自分たちが今何をやっているかわからないって感覚でした。

先進理工学部応用化学科1年 藪田宗克(奈良県 西大和学園高等学校出身)

早稲田は人が思いつかないようなことを思いつく場所なので面白いです所です。

早稲田大学を選んだのは、奨学金などの制度が充実していたからです。物理も化学が好きでどちらにしようかとすごく迷っていたんですが、大学に入ったら化学の内容も物理に近くなってくることを知り、面白いかもしれないと思い応用化学科を選びました。

先進理工学部応用化学科1年・齋藤若奈(福島県立福島高等学校出身)

「使える'化学'」にビビっと反応し、応用化学科がある早稲田に入りました。

私は昔から生活に密接している「食品」に興味がありました。早稲田大学の応用化学のウェブページで、応用化学とは「化学とは違う'使える'化学」というのがテーマになっているのを見て、「使える'化学'」にビビっと反応し、応用化学科がある早稲田に入りました。

先進理工学部応用化学科1年・加藤幸清(鹿児島県立鶴丸高校出身)

将来的には、化学を生かした仕事にはつきたいと思っています。

早稲田大学の理工系は数ある大学の理工系の中ではトップを走っていると思ったので、選びました。そして応用化学科を選んだ理由は、もともと理科は好きで実験も比較的好きだった事と、化学の中にも色々な科がありましたが、応用化学なら様々な道があると思った事です。

学部1年 日辻愛理(茨城県 常総学院高校出身)

忙しいながらも勉強と両立させて毎日充実した日々を送っています。

私はもともと新薬の研究・開発に興味があり、研究職に就くためには化学の基礎知識と応用力を身に付けることが一番の近道だと思い、応用化学科を選択しました。

学部1年 木内大造(長野県立野沢北高校出身)

勉強もサークル活動も充実した毎日を過ごしています。

早稲田の応用化学科に志望を固めたきっかけは、化学工学の研究室で行われている人工臓器の研究に興味を持ったからです。その中でも特に人工えらの研究に惹かれたのですが、人工えらとは、水中の溶存酸素を抽出してそれを呼吸に使うことで、人間が水中に長時間いられるような装置です。

学部1年 浅羽健太郎(神奈川県 私立公文国際学園高等部出身)

大学の授業は、高校の授業とは全く違うので新鮮です。

高校のときに化学が一番得意で興味もあり、指定校推薦枠があったのでこの学科に入学することを決めました。早稲田大学にした一つの決め手は、専門的な授業を1年生から受けられるということです。また英語の授業に力が入っているということも大きな魅力でした。

学部1年 石橋瑶子(千葉県立千葉高等学校出身)

大学の授業でいろいろな分野に触れたところ、興味をもつ分野が広がりました。

高校2年生のときに出会った化学の先生の影響で化学を好きになりました。化学への興味から発展し、はじめは薬剤師を志望していましたが、自分がやりたいのは創薬の方ではないかと思い応用化学科を受験することに決めました。

学部2年 関健司(東京都 早稲田高校出身)

授業とサークルで充実した毎日をすごしています。

高校では、物理と化学に代表される理系科目が好きで、問題を数学的に解析可能なところが面白いなと思っていました。応用化学科に志望したのは、特に化学が得意だったということと、パンフレットやウェブサイトで応用化学科の情報を見て、楽しそうだなと思ったからです。

学部2年 中野慧(神奈川県立柏陽高等学校出身)

環境問題の解決に貢献したいと思ったので応用化学科を選びました。

環境問題に関心があって、環境に負荷がかからない化学物質を自分で開発し、環境問題の解決に貢献したいと思ったので応用化学科を選びました。

学部2年 堀星子(秋田県立秋田高等学校出身)

将来は大学院に進学して専門的な化学の技術を身につけたいと思っています。

元々は薬学部志望でしたが、医薬品だけでなく化粧品や食品などの分野にも興味があったので、将来の方向性が幅広い応用化学科を選びました。

学部3年 坂本雄志(千葉県 私立東邦大学附属東邦高等学校出身)

新エネルギーを開発するような分野に進みたいです。

高校時代から唯一興味があったのが化学で、環境問題にも強く関心があったので、応用化学科を受験しました。早稲田大学は雰囲気が良く、みんな和気あいあいとしているイメージがあり、また文化祭や早慶戦などイベントが多いので、それも魅力的でした。

学部4年 小坂祥代(長野県長野高等学校出身)

大学入学後にやりたかった遺伝子関係、微生物関係、医薬品関係の研究がされていたし、応用化学科は教授の数も多かったので、この学科を選びました。

3年生から4年生になるにあたり大学生活はがらりと変わりました。1年生から3年生までは与えられるレポートに毎週追われていましたが、研究室に入ると最終的な目標に向かって自分で計画を立てなくてはならないので自主性が問われます。

学部1年 金子亜美(東京都 青山学院高等部出身)

大学4年間の中で化学の色々な分野に触れることのできる応用化学科を選びました。

もともと薬学部志望だったのですが、将来を医薬品関係に絞るのではなく、大学4年間の中で化学の色々な分野に触れることのできる応用化学科を選びました。

学部1年 落合朋弘(埼玉県立浦和高校出身)

化学という学問を用いて社会に役立つ技術だとか、製品を生み出す分野に携わりたい。

僕は前から化学にすごく興味を持っていました。でも、化学をただ学問として勉強するよりも、化学という学問を用いて社会に役立つ技術だとか、製品を生み出す分野に携わりたいと思っていたので早稲田の応用化学科に入りたいと考えていました。

学部2年 榊原孝紀(静岡県立浜松北高校出身)

応化なら苦手な部分をお互い助けあえる友達がいるので 絶対安心だと言えます。

高校時代は、実は化学が苦手でした。浪人生のとき、一生懸命化学を勉強して、化学のおもしろさというのに気付いたんです。

学部3年 山水亜沙子(神奈川県 横浜共立学園出身)

自分の好きな研究室でのびのびとやりたい勉強をしたかったので、自由なイメージの強かった早稲田を選びました。

私は指定校推薦で入学したんですが、自分の好きな研究室でのびのびとやりたい勉強をしたかったので、自由なイメージの強かった早稲田を選びました。

学部2年 山鹿桐子(埼玉県立第一女子高等学校出身)

授業では、高校時に学んだ化学の「なぜ」という部分を学ぶ事ができ「そうだったんだ」という発見も多いです。

高校三年生のとき、なんとなく大学には行かなければという思いで始めた受験勉強には本腰が入るわけもなく、私は一年間浪人することになりました。

学部2年 丸山理紗(東京都 私立豊島岡女子学園高校出身)

化学が好きで、でも純粋に化学を勉強するより、 化学を生かして何かを開発したいと思ってました。

将来やりたいことは、はっきり決まってはいなかったんですけれど、医薬品や医療に関する仕事に興味があったので応用化学科を志望しました。化学が好きで、でも純粋に化学を勉強するより、化学を生かして何かを開発したいと思ってました。

学部4年 丹藤文彰(福島県立会津高校出身)

「この世の中はすべて化学でできている。ならば化学者になって新しいものを開発すれば、多くの人が目にし、使用してくれるのではないか?」

僕は会津で育ちましたが、上京して本当によかったと思いましたね。今の大学生活はとても充実しています。授業だけでなくアルバイトやサークル活動と、大学生にしかできないことは今のうちにしておこうと思っています。

大学院修士課程1年 奥岡眞視(東京都 私立明治大学付属明治高校出身)

楽しい人生を送るために頑張るっていいですよね。

僕が応用化学科に入ったのは「なんとなく」化学が好きだったからです。そして学部3年生までは乗馬サークルに夢中になり、幹事長まで務めました。そんな僕でも、1 年生の頃から大学院へは行くつもりでした。しかし、大学院に行く理由は、初めはみんなにありがちな「なんとなく」でした。でも研究室に入って、考え方が変わりました。

大学院博士後期課程2年 長谷川円(東京都 私立女子学院高校出身)

これから化学を志そうとするみなさんには、今「化学が好き」という気持ちをしっかり心に留めて、もう迷わずにとことんのめりこんでいってほしいと思います。

私は今、携帯電話やパソコンといった電子機器の中に入っている、数十ナノメ一トルサイズの微細な配線を、めっきの技術を使って作るという研究をしています。化学の反応では、少し条件を変えただけで、ぴっくりするくらい結果が変わってきたりすることがあります。

学部1年 三宅優美 (岡山県 私立清心女子高校出身)

学んだ事がそのまま社会に応用されて貢献できることが、 「すごいな」と思いました。

私は今、授業+サークルでおまけに習い事やって、バイトしてっていう生活で、充実しているからすごく楽しいです!サークルはオーケストラを、習い事は活花とハープをやつています。

学部2年 山下勇気 (愛知県立旭丘高校出身)

これはすごいぞってみんなを唸らせるようなもの。 そういうのに関われたらいいなって思っているんです。

応用化学科を選んだきっかけは、高校のときから化学が一番好きだったからですね。ただ、純粋に化学の真理を追究することよりも、化学を使って将来役に立てていきたいなと思って、応用化学科に入りました。

学部3年 吉岡徹也 (埼玉県立越谷北高校出身)

科学者って、科学の視点から未来を見られるっていうのが すごいと思います。

今、僕がここにいるきっかけは、中学生の頃に環境問題についてTVや新聞でさかんに取り上げられ始めた時、そうかこれだって思ったことからなんです。

大学院修士課程1年 向坊仁美 (東京都 国立筑波大学附属高校出身)

早稲田の応用化学科を通過してみてください。きっと、人間として一回り成長した姿で新たな分岐点に立っていると思います。

最近、持ち運び型の電機製品がどんどん発達していますが、そのなかで私は携帯電話に使われているような軽い二次電池のマイナス極に対する研究をしています。世界的に先端的なテーマで、国内外の学会で世界中の研究者の方々と議論をして、とにかくおもしろい研究ですね。

大学院博士後期課程1年 服部浩二 (東京都立青山高校出身)

早稲田大学には個性豊かな学生がたくさんいます。周りの友人と刺激しあいながら、自分を成長させていくことができる環境は素晴らしいですよ。

大学院での研究は「世界で誰もやっていないことができる!」という点が面白いですね。大学院への進学を決めたのもそんな理由からでした。

知識としての化学だけでは終わらない。
使える化学を学んで、鍛え上げられた人材に。