“役立つ” 化学

知識としての化学だけでは終わらない。 1917年に創設してから常に未来を意識した研究で 世界をリードする多くの研究成果を生み出してきました。 応用化学科だからできることがあります。

  • 2017-11

    佐橋祐亮君、坂本昌樹君、若松久人君(西出・小柳津・須賀研、全て修士1年)が第 7 回 CSJ 化学フェスタ 2017にて各々優秀ポスター発表賞を受賞しました

  • 2017-11

    滝渕亮太君(門間研究室・修士2年)が第7回CSJ化学フェスタ2017 優秀ポスター発表賞を受賞しました

  • 2017-11

    齋藤 祥平君(黒田・下嶋・和田研究室、博士後期課程2年)が第30回秋季シンポジウム、特定セッション「元素ブロック:セラミックス科学と合成化学のクロスロード」 学生優秀講演賞を受賞しました

  • 2017-11

    野田優教授が、IEEE Electron Devices Societyより 2016 EDS Paul Rappaport Awardを受賞されることが決定しました。
    詳細はこちらから。 なお、授賞式は2017年12月4日となります。

  • 2017-10

    佐橋祐亮くん(西出・小柳津・須賀研究室、修士1年)がThe 17th IUPAC International Symposium on MacroMolecular ComplexesにてOutstanding Poster Presentation Awardを受賞しました

過去のニュースを見る >
全ての講演会情報を見る >

知識としての化学だけでは終わらない。
使える化学を学んで、鍛え上げられた人材に。