教員紹介

教員紹介

高分子化学 小柳津 研一 教授
研究内容はこちら
機能性高分子の設計および合成と電気・光物性の開拓
合理的な分子設計に基づく新規高分子の合成とその特性解析を通して、高分子の構造と電気・光物性の相関を追究しています。また、高密度レドックス分子を電荷分離・輸送・貯蔵材料に用いた有機電池、キャパシタ、太陽電池など、高分子ならではの特徴を生かした有機エレクトロニクスの開拓に取り組んでいます。特定の分子機能を発現させる原理の解明からデバイス応用までを課題とし、新しい高分子材料を創り出すための基礎を研究しています。
研究室ホームページ
応用生物化学 木野 邦器 教授
研究内容はこちら
OBによるインタビュー
バイオの無限の可能性を追求し社会に役立てる
食料、資源、エネルギー、環境問題といった21世紀に山積みされた多くの課題に対しバイオテクノロジーに大きな期待が寄せられています。目に見えないミクロの生物たちの無限の可能性をナノレベルで探り、この生物機能や遺伝資源を最大限に利用する研究をしています。豊かな社会を築くために、革新的なバイオ技術の創出や効率的で地球に優しいバイオプロセスの確立を目指しています。
応用生物化学 桐村 光太郎 教授
研究内容はこちら
OBによるインタビュー
酵素と微生物のバイオテクノロジーで機能を創造する
自然界の微生物は生命多様性の宝庫であり、私達の常識を超えた素晴らしい酵素が発見されています。そこで、微生物酵素あるいは微生物細胞そのものを生体触媒として利用し、クエン酸や機能性配糖体などの有用物質生産あるいは分子変換のためのバイオテクノロジーについて研究しています。また、遺伝子工学や代謝工学で生体触媒を改良し、グリーンバイオテクノロジーの展開を図っています。
無機化学 黒田 一幸 教授
研究内容はこちら
OBによるインタビュー
ナノレベルで無機化合物を設計する
無機物質を合理的に設計することは応用化学の重要な領域です。ケイ素の酸化物など人体や環境にやさしい無機物質や無機有機ナノ複合物質の合成を中心に研究しています。分子集合を活用してナノメートルサイズの孔を規則的に配列した物質合成のように、電子材料、光材料、生体関連物質、選択吸着・分離材料など賢い機能をもつ材料創製を通じて人類に貢献する物質の創造に邁進しています。
研究室ホームページ
無機化学 下嶋 敦 教授
研究内容はこちら
無機骨格を階層的に組み上げ新しい機能を創出する
環境、エネルギー、医療など様々な分野への応用を主眼に据え、無機酸化物をベースとした新材料の創製に取り組んでいます。低環境負荷、省エネルギーの溶液プロセスを基本とし、原子・分子レベルからマクロレベルに至る幅広いスケールで階層的に構造制御するための新しい合成化学を確立することで、従来の材料を超える高度な機能、複合機能の創出を目指しています。新規ナノ空間材料をはじめ、刺激応答性材料や自己修復材料など各種スマートマテリアルの開発に特に力を入れています。
研究室ホームページ
無機化学 菅原 義之 教授
研究内容はこちら
OBによるインタビュー
無機―有機ハイブリッドの合成技術を発展させるとともに応用展開をはかる
無機-有機ハイブリッド材料は,有機材料と無機材料の利点をあわせもつことが期待されることから“次世代の材料”として研究が行われています.有機材料と無機材料の組み合わせは無限であり,数限りない新材料を生み出すことが可能です.私たちは、無機化学に軸足を置きながら,様々なアプロチにより無機-有機ハイブリッド材料の合成に取り組んでいます。ハイブリッドの合成に加え,ハイブリッドを利用したセラミックス材料の合成手法の開発にも取り組んでいます.
研究室ホームページ
触媒化学 関根 泰 教授
研究内容はこちら
非在来型触媒反応と水素製造・天然ガス転換
環境とエネルギーの分野において次世代の技術のためになりうる新たなる触媒プロセスを研究している。非在来型、すなわち他がやらない独創的な触媒システム、触媒プロセスに力を入れ、固体アイオニクスの酸化還元能を生かした触媒や、高度に制御された担持金属触媒、さらには電場やプラズマを併用した低温作動型触媒プロセスなどを独自に展開し、水素製造や付加価値の高い化合物の直接合成、環境浄化触媒システムの開発などに取り組んでいる。
研究室ホームページ
高分子化学 西出 宏之 教授
研究内容はこちら
OBによるインタビュー
新しい性質をもつた分子を設計し合成する
ナイロンやペットボトルなどは、身近に使われている素材ですが、新しくつくられた高分子化合物であり、我々の生活を1央適にするとともに、先端技術を支えています。地球上にない、新しい性質や機能をもった高分子を設計し合成する研究を展開しています。電気を通したり、ナノ寸法の磁石になったり、空気の酸素と窒素を分けて取り出せる高分子がその例です。
研究室ホームページ
化学工学 野田 優 教授
研究内容はこちら
ナノ材料をマクロに作り、社会を支える
炭素や珪素などの“ありふれた元素”を用いても、ナノ粒子やナノチューブのように構造を精緻に制御すると、素晴らしい機能を実現できます。しかし社会を支えるには、小さなナノ材料を大規模に作る必要が有ります。ナノ材料が“なぜ”できるかを基礎的に理解し、応用にあわせて“どう”作るか自由に考え、良いモノを上手に作ることで、持続可能社会への貢献を目指しています。
研究室ホームページ
化学工学 平沢 泉 教授
研究内容はこちら
OBによるインタビュー
希望の高品位結晶を自在に創りあげる先進晶析工学
化学工学の単位操作の一つである結晶化工学の研究を展開しています。21世紀は、団体を創造する時代であり、高品質の結晶をナノ構造の視点から自在に創製することが求められます。そこで、装置内の基礎現象(核発生、結晶成長など)を土台にして、希望の結晶を創成するための操作法や環境に優しい分離プロセスの最適設計を目指しています。
応用物理化学 本間 敬之 教授
研究内容はこちら
ナノエレクトロケミストリーで新しいデバイス・システムを創る
固体と液体の界面という特異な反応場に注目し,そのナノ領域での特性を様々な実験的方法やシミュレーションによる理論的方法から詳細に解析し,それを十分に活かした新しい反応プロセスやデバイス・システムを創製することを目標にしています.例えば3次元ナノ構造を作り込んだ超高密度記憶デバイスをはじめとした高機能デバイスや、バイオセンシングに用いるマイクロ化学反応システムなどが現在の研究対象です.
研究室ホームページ
触媒化学 松方 正彦 教授
研究内容はこちら
触媒の力でエネルギー・環境問題に挑戦する
触媒は新しい化学反応を実現するために欠かすことのできない機能です。エネルギー・環境問題の解決、新しい材料の開発などは、新しい化学反応の発見や開発が鍵となることが多く、触媒はそのなかで重要な役割を果たしています。触媒化学をコアとして、石油を中心とした化石資源の有効利用、廃棄物の有効利用、高効率な化学プロセスの開発など幅広い分野に挑戦しています。
研究室ホームページ
応用物理化学 門間 聰之 教授
研究内容はこちら
電気化学反応を探求してエネルギーデバイスを革新する
化学エネルギーと電気エネルギーを直接変換する電気化学反応は、電解による精密な材料合成に加えて電気化学的な蓄電、発電デバイスの中心となる反応です。
二次電池・燃料電池・キャパシタ実現のための、材料設計・開発からデバイス構造の検討、デバイス特性評価を行っています。高い性能を有する材料の設計と開発から、デバイスとして組み込むための、電子移動、電荷移動、物質移動を考慮に入れた構造の設計、デバイス実現のための作製プロセスの検討と、その評価法の開発も行っています。
研究室ホームページ
無機化学 和田 宏明 教授
無機化学を基盤とした基礎教育の拡充を図り有為なグローバル人材の育成に貢献する
黒田教授の研究重点教員就任に伴い、無機化学担当として着任しました。27年にわたる企業活動においては、超高純度炭化ケイ素(SiC)並びに電子ペーパーの研究開発に取り組み、事業化を推進してきました。これらの経験も踏まえ、基礎並びに応用化学教育の一層の充実を図り、国内外で活躍する有為な人材の育成に注力して参ります。と同時に、低次元場を活用した無機機能性材料の研究にも貢献して参ります。
研究室ホームページ
有機合成化学 細川 誠二郎 准教授
研究内容はこちら
天然物の全合成と新反応の開発
分子を思い通りに構築するのが化学であるが、これは実際のところ簡単ではない。私は必要なものを必要な量作る力が新しい科学を産み出す、と考えており、「思い通りに分子を作る」ことを目指して、有機合成化学による生理活性物質の合成研究を行っている。構造・活性共に多様な生理活性物質を研究対象に、目的物を速やかに作るための「短工程合成経路の確立」と「目的構造を一挙に作る反応の開発」を実践している。
研究室ホームページ
応用化学 山口 潤一郎 准教授
研究内容はこちら
分子をつなぐ・壊す・革新的分子の創製に挑戦する
分子という機能の最小単位には無限の組み合わせが存在し、それを組み立てる「面白さ」だけでなく、私達の努力により成功の「可能性」を生み出すことに適しています。分子の組み立てを実現できるのは合成化学。その合成化学の発展に資する、我々の研究は3つ。 「分子をつなぐ」「分子をぶっ壊す」「面白い分子をつくる」これらの極めて基本的な合成化学の命題に対して、独自の合成戦略と触媒で分子構築の匠を目指します。
研究室ホームページ
化学工学 小堀 深 専任講師
研究内容はこちら
医療を応用化学で支える
物質の移動を化学的に解析する手法に、化学工学という学問があります。この化学工学を用いて医療現場で用いられる人工臓器の研究を行っています。特に人工肺と人工腎臓に注目し、酸素や血液などの流動状態を解析し、物質移動を視覚的に捉える手法を用いています。これらの人工臓器の高性能化を効率的に進め、安全で安価な未来の医療へ貢献することを目指しています。
応用化学 須賀 健雄 専任講師
研究内容はこちら
プラスチック・ゴム・繊維から電子部材まで多くの高分子材料が身の回りで活躍しています。自ら分子をデザインし、自在に繋ぎ、高分子の鎖が織りなすナノ寸法の模様(相分離構造)を精密に制御することで、複数の多様な機能を組み込んだ新素材の開発を目指しています。蓄電池、太陽電池、メモリ素子や光学フィルム、スマートコーティングなどを例に、基盤となる高分子合成、高次構造と機能発現の相関を研究しています。
研究室ホームページ
化学工学 花田 信子 講師
研究内容はこちら
機能材料とプロセス開発で水素エネルギー活用に貢献する
水素は燃料電池などから電気や熱を効率よく取り出せ、二次エネルギーとして大量輸送・長期貯蔵が可能です。常温では気体で存在するため、化学物質に変換して液体状にしたり、水素原子として固体状にしたりすることでコンパクトに水素を貯蔵できます。これらの水素貯蔵に関わる物質を材料科学に基づいてナノスケールで制御して開発しています。さらに、化学工学に基づいてそれらの物質の大規模合成法や水素利用のためのプロセス提案を目指しています。